第12回 全国連携マルシェ in 芝浦へ行ってきました。

いま話題の山手線新駅、高輪ゲートウェイ駅の次の駅となるJR田町駅。
その芝浦口(東口)からなぎさ通りを歩いて、新芝橋と渚(なぎさ)橋で2つの運河を渡ると、会場の港区立プラタナス公園が見えてきました。

「全国連携マルシェ in 芝浦」に訪れるのは、昨年2018年7月22日の第1回開催以来、約1年振りのご無沙汰でした。

コンパクトシティーという町づくりの考え方がありますが、このマルシェはまさに「コンパクトマルシェ」に相応しい粒揃いの出店者が集まっていました。

野菜やパンのブースやキッチンカーなどに囲まれた会場には、テーブル席も必要十分に用意されていて、何とも心地好かったです☺️

こうした地元密着型のマルシェと、非日常感を打ち出しているマルシェ。
一見するとマルシェ乱立の様相を呈している状況ですが、この二者なら両立できるのでは?とも思いました。

青ヶ島の芋焼酎「あおちゅう」の水割りがさわやかでまた旨かったー❗笑

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です